忘年会におすすめの景品

忘年会の幹事さんが悩む景品選び。 ここでは景品選びのポイントをまとめました。

景品を選ぶ流れ

景品を買う予算が決まったら、その予算に合わせて景品を選びます。 まずは、ネットなどを活用して、どんどん候補を上げていきましょう。 しかし、忘年会参加者の性別・年齢・喜んでもらえる物はさまざまですので、候補にあがった景品から選ぶときの注意点をあげてみます。

景品選びポイント

景品選びをスムーズに行う為のポイントをまとめてみました。
まずは、予算と参加人数を把握してください。
次に景品数を決めて、予算の割り振りをしてから景品を選びましょう。
詳しく説明しますと、予算と参加人数は早めに把握できるようにスケジュールを組んで確認するようにします。
また、会社から経費が捻出される場合もあるので、あらかじめそこの確認は必要です。
忘年会にかかる費用と合わせて、景品にはいくら費用としてあてられるかを計算しなければいけません。
なので、参加人数・予算は早めの把握が大切です。
予算が決まったら、景品の数を決めます。
おおよそ、参加人数の3割程度の方に景品があたるような感じが丁度いいです。
参加者全員にとなると、1つあたりの予算が低くなってしまい盛り上がらない可能性もありますし、全員に景品を配布するという進行になってしまうと時間もかなりかかってしまいます。
逆に景品にあたる人が少なすぎると、当たらない人がシラケてしまう可能性があります。
なので、3割程度で考えてみるといいでしょう。
景品があたる人の人数が決まったら、ここで割り振りします。
1等2等3等などの各予算を決めていきます。
景品は、2~3割を豪華景品にすると盛り上がります。
例えば、参加人数が70人だった場合、景品があたる人数を20名にして、そのうち4個~6個を豪華景品にするという感じです。
この豪華景品の数が決まったら、1等2等3等それぞれ何人あたるようにするかも合わせて予算を決めます。
ここさえ決めれば、それ以外の予算は景品配布する残りの人数でわって1人あたりの予算を計算するということになります。
ここまできまったら、あとは景品を選んでいきましょう。

忘年会でおすすめの景品とは

忘年会に参加された方々に喜んでもらいたいと幹事さんは頑張ります。 景品も予算によってさまざまですから選ぶのも大変です。 今は、定番の商品はもちろんですが、話題の体験型ギフトも景品として人気があるようです。 予算内で、どんな景品が用意できるのか紹介していきます。

今年ヒットのおすすめ商品

忘年会の景品を選ぶにあたり今年のヒット商品を確認してみましょう。 定番商品はもちろんですが、今年ならではのヒット商品を準備するのも盛り上がるポイントですし参加された方々にも喜ばれます。 今年は、どんな商品がヒットしていて、忘年会の景品におすすめなのでしょう。

TOPへ戻る