忘年会の幹事さんが悩む景品選び。 ここでは景品選びのポイントをまとめました。

>

景品を選ぶ流れ

景品選びポイント

景品選びは、幹事さんの好みで選ばないように、性別・年齢問わず誰にあたっても喜ばれる商品を選びましょう。
実用性があったり、食品系は誰があたっても喜ばれる景品です。
また、景品を選ぶポイントはあたった人の事を考えてみることです。
景品をもらったのはいいけど、持って変えるのに苦労した経験をされた方もいらっしゃると思います。
今は景品サイトもあり、当日は目録だけで、後日当たった番号をネットに入れると商品が自宅に届くというサービスもありますので利用してみるのもいいでしょう。
他には、興味は持っているけど自分ではなかなか買わないような商品を用意するのも喜ばれるポイントです。
また、話題性のある景品を準備することもポイントで、忘年会も盛り上がるでしょう。

景品選び注意点

景品選びのとき注意してほしいことは、全体の景品を決めたときに全てを確認してみて下さい。
全体を見たら、食品系ばかりだったとか、家電ばかりだったなどかたよっていませんか。
景品のカテゴリーが1つ2つでかたよってしまっていると、やはり盛り上がりにかけてきます。
忘年会に参加した方々が、ワクワクと楽しんでもらえるようにする為にも、バリエーションを豊富に景品は揃えていきましょう。
次の注意は、景品を選ぶ人です。
景品を選ぶときは、男性だけや女性だけでは選ばないようにしましょう。
実際、男性目線で、絶対この景品は忘年会で盛り上がると準備したとしても、女性はシラける商品だったりします。
このような事を無くす為にも、男女の意見を合わせて相談しながら景品選びは進めていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る